「PCでHDRはまだ早い」という話……から約1年

PC

およそ1年前の2018年7月21日にこんな記事を書いていました。時は流れて今、はたしてPCでHDRを存分に楽しめるようになったのでしょうか?

結論から言ってしまいますが、まだまだ先です……ゲームをやりこむ人にとっては、当面「ない」と断言しておきます。

あいかわらずWindows 10 の対応はしょっぱい

Windows 10はバージョン1709からHDRに対応するようになり、その後のアップデートでドライバ周りもボチボチ改善されてきてはいます。

が、実際に体感できるのは、HDRを有効にするときの設定方法が変わったことくらい。

クリックする回数が一回増える増えないとか、色の調整ができるようになったとかで、「ゆうざあえくすぺりえんす」はちっとも向上しておりません。

まあ、内部的にはいろいろと変化があるのかもしれないけれど……体感できないものは、ないということにしてよいので……。

とにかくHDRの問題は、ソフトウェアの側がまだうまく対応していない点にあると言えます。最新のCPU、GPU、モニタを使っても、ダメ。

具体的になにが不満かというと、ゲームですね。

ゲームのビデオオプションでHDRを有効にすると、GeForce Experienceで動画を撮影できないし、プレイ中に何の前触れもなくフルスクリーンを失って、ウィンドウが最小化されてしまう。そしてもちろん、プレイヤーキャラは死ぬ。

あと、HDRにすると、「艦これウィジェット」で大破進撃防止機能が機能しないのも、致命的に痛い……。

というわけで、最近ではHDRは基本的に使っていないのですが、ゲームはやらず、動画鑑賞がメインなら、問題はありません。

とはいえ動画メインならなおさらのこと、わざわざPCにするまでもない。それこそApple TVやFire TVでよいのではないか……と、一年前の思いをいっそう強めているきょうこの頃です。