【COMPUTEX TAIPEI 2019】気になるモノたち2

PC

世界有数のICT/IoT見本市、COMPUTEX TAIPEI が今年も開催されていま……した。気になるものをピックアップします。

ゲーミングモニタ MSI Optix MPG341CQR

前の記事ではスーパーウルトラワイドモニターを紹介しましたが、こちらは21:9のウルトラワイドモニターです。

3440×1440、144Hz、応答速度1msとゲーマーも納得の高スペックに、3000:1のハイコントラスト、HDR 400対応で動画視聴も楽しめるモデルです。

国内での価格はわかりませんが、海外の予価は899ドルとのこと。日本円で12万以下、できれば11万円以内に税込みで! 収まるといい感じですね。

VAパネルは好みがわかれそうですが、同価格帯でIPSパネルを搭載しているLGのゲーミングモニター『34GK950F-B』と比較して、MPG341CQRのほうはPIP/PBPに対応している点にも注目です。

いつ日本に上陸するのかが気になりますが……プライムデーのセールまでに登場すれば、即買いかも?