マキネッタ(モカ・エキスプレス)で自宅の珈琲が楽しくなる

アイキャッチ(デフォルト)
買ったもの

小さな村の物語 イタリア」(BS日テレで土曜夜18時から放映中)というなかなか良い雰囲気のテレビ番組があるのですが、イタリアの人たちがコーヒーを淹れるのに使っている「謎の器具」がたびたび出てきました。それがマキネッタ(モカ・エキスプレス)です。

イタリア人がとてもおいしそうにコーヒーを飲んでいたので、ついつい真似したくなって購入。角砂糖をガンガンぶち込み、底に溜まった砂糖をスプーンでこそぎ取るという飲み方はまだ真似してません。背徳の味でさぞうまかろうな……。

これ以前は自宅でコーヒーと言えば「ネスカフェ・バリスタ」を使っていて、これはこれで悪くなかったのですが、やはり電気を使う機械なのでパーツのメンテナンスが面倒くさいのと、衛生面で不安がありました。その点マキネッタは金属部品+ガス火というシンプルな器具なので、洗浄やお手入れも楽で、耐久性も高いです。かれこれもう三年の付き合いになりますが、ぶっ壊れる気配は今のところない。

あと、これでコーヒーを淹れる作業に実際にテマがかかるわけではないのですが(電気式のコーヒーメーカーと大差ない)、テマをかけている感じ(錯覚)が味わえるので、自宅でコーヒーを淹れるのがちょっと楽しくなるというメリットもあります。

使い方は、まずコーヒーの粉を用意して、

一番下の部品(タンク)に水を注ぎ、

ろうとを取り付けて粉をいれる。

一番上の部品(熱で蒸留したコーヒーの受け口となる)で蓋をして火にかけて、4~5分程度で出来上がり。

うまい。

6カップサイズだと一度に作れる量が300ccなので、だいたいマグカップ一杯分となります。一人か二人で飲むのにちょうど良い分量だと思いますが、大量に作りたい人はもう少し大きめのサイズを買うといいでしょう。

 

価格は4,000円~と少々高い感じもしますが、電気式のコーヒーメーカーを買ってもそれくらいの値段はしますし、マキネッタはコーヒーフィルター代がかからない。なによりお手入れが簡単で長く使えてお得。

深煎りのコーヒー豆をよく使ってます。